自動販売機設置で配慮すべき点は?

こんにちわブログ担当Tです。前回ブログで、自動販売機の設置安全基準についてお話をさせていただきました。どこの業界でも当然に安全第一ということですね。では設置基準を遵守したうえで次に考えることは?

「どうしたら利用しやすい設置になるのか?」「売上が上がる自動販売機になるのか?」を考えながら設置場所や設置方法を工夫していかなければならないですよね。

実は細かい配慮やこだわりで自動販機の利用促進につながり、売上が上がるなんてことは、よくある話なんです。そのあたりを実例を交えながら、皆さんにお話をしていきたいと思います。

昨年のコロナ禍によるパンデミックによって、人の流れが大きく変化いたしました。いままで人が滞留していた場所に人が来なくなり、街の風景が様変わりしましたね。観光地や繁華街、オフィス街など、こんなにも変わるものかと本当に実感しました。そうなると当然そういった場所の自動販売機の売上も下がってしまいます。当たり前の話ですが、小回りの利く自動販売機・非接触ビジネスといわれる自動販売機でも人の流れがない場所での設置は、本当に難しいです。そういった人の流れをよく観察する。どういう人が、設置を考えている場所に来るだろうか?ということを想定しないといけません。

じゃあ、車などの往来が激しい大通りが良いのか?単に駅前が良いのか?というと必ずしもそうではありません。車が止めにくい通りは厳しいです。逆に一方通行の通りでも駐車しやすいと問題ありません。路地裏でもその先にたくさんの人が目的とする場所があれば、購入対象者が増えるのです。住宅街の中でも大通りに出るまでコンビニが無い!なんてこともざらです。目立つにこしたことはありませんが、購入対象者にならないとだめなんです。

設置場所の選定で気を配ること(主にアウトロケーション)

1.駐車しやすいこと→駐車しにくい国道は見込みが落ちます

2.住宅街や路地裏でもOK。その先に目指す場所(学校やお店、施設)があるか?

3.コロナ禍で公園周辺の売上が急増中(人流の変化見極めること)

4.店頭の自販機でも利用目的のついで買いにつながるのか?小売りなどよりも飲食店の店頭が良いのは、食後の一服のコーヒーなどにつながる

5.競合が少ない。他社自動販売機やコンビニなど。また競合があっても分析し弊社自動販売機に優位性を持たせれば見込みは上がります

6.マンションの場合は戸数、駐車場(コインパーキング)の場合だと、駐車台数や稼働率を見たりもします

7.自動販売機の売上は、どれだけ固定客をつけるかで売上がほぼ確定します。観光地などは別として、毎日のリピートがとれる場所であるかを見きわめております

自動販売機のインドアの場合は単純に、社員数や利用者推移が決め手となるので簡単です。アウトドアはどれほどの人々が対象になるのかを推測しないといけないので、見込み売上を立てるのに、経験や知識が必要になります。加えて周辺データですね。周辺の自動販売機のデータや似たような設置場所があればそこから推測します。近年は自動販売機もむやみに簡単に設置をしなくなりました。売上とのバランスが取れないと、自動販売機本体の償却ができないからです。むやみな設置で経費が重なれば、適切なサービスが維持できないと同時に、せっかく設置をされた自動販売機オーナーにもご負担になりかねません。私たちはプロとして目利きをしっかりと持って提案をしております。

次に自動販売機の設置方法(向きや位置、障害)にも確認が必要です。設置場所がどんなに良くても、購入しずらい、とか目立たない。などがあると本当に残念です。たくさんの人が前を通るなかで訴求していかないといけませんし、購入しやすくないといけません。

1.自動販売機の前に障害がないか?前がほとんど駐車スペースになると。ほぼ購入できません。消費行動として購入しずらいです。車に傷がつかないか心配?など

2.自動販売機の高さは適正ですか?花壇やブロック、地面の高さが上がっている場所に自動販売機を置くと、商品ボタン(特に上段)が押しにくくなります。お子様やお年寄りの方は厳しい場合もあります。商品が取り出しやすくなる一方、目線が変わるので、商品訴求で上段サンプルが弱くなる場合があります

3.私有地や駐車場などでも敷地内に入らないと買えない。とくに私有地なら1メートルも中に入ると、まず敬遠されます

4.自動販売機の設置向きは公道向きに設置できるにこしたことはない。商品サンプルすべてを通行者に向けるとキャンペーンや新商品への導きに効果を発揮します。すこしでも購入動機につなげる。特に競合があればぜひ正面を向けたいところです

5.自動販売機の本体サイズを小さくしてでも敷地の外に向けることは、いうまでもありません。

6.インドア設置を思い切って外に出して、社員の固定客+アウトドアのお客様を誘い込む場所の変更も検討しましょう

駐車されるとかなり購入しにくくなります
民家の敷地に少し入るだけですが、「やめておこうか」となってしまう。。。
横のライバルと競合しているなら、同じように正面を向けてバラエティさで勝負
敷地内にスペースはありましたが、ここは散歩コースとみて、小さくても前面に
工場内に社員用で設置していましたが、事務職員にも、地域の方へもご提供

 

自動販売機には様々なサイズがあります。そして新聞紙一枚分のスペースがあれば十分に設置できるため、売上が上がるために私たちは思案します。どうせ置くなら売上をUPしたいし、ご利用いただき、便利だなぁ。ってやっぱり思ってもらいたいですよね。自動販売機を運営している会社にはそれぞれ個性もあります。各メーカー年間にたくさんの新商品を毎年出しますが、すべてを自動販売機で採用できないですし、消えていくものもたくさんです。今の時代の流れから売れ筋を見つけるのも大切ですが、この地域で人気の一品を探すのにも私たちは楽しんでいます。この商品探していた!って時おり言われるのがうれしいんですよね。オペレーター冥利に尽きます。

コロナ禍のなかで、たくさんの人が一息つきたいと願っています。そんなたくさんの人の気持ちにお応えできるよう、まだまだこだわり続けていきます。今回も最後までブログをお読みいただきありがとうございました。次回もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

自動販売機の安全な設置基準とは

こんにちはブログ担当Tです。今回のお話は自動販売機の設置について。

みなさんの身の回りにある自動販売機ですが、当然ただ自動販売機を、ぽんと置けば良いものではありません。店舗前や駐車場などのアウトドア、オフィスや食堂などのインドア設置など。様々な場所に安全最優先で設置をしております。その辺りのルールをみなさんに、わかりやすくお伝えしたいと思います。

自動販売機の設置基準に関しては、JIS規格「自動販売機の据付基準」が定められており、据付方法や耐震性、据付面対策が規定されております。その基本基準をもとに各飲料メーカーが責任をもって安全第一で据付作業会社と弊社のような自動販売機オペレーターと協力して設置をしています。近年、地震や台風、豪雨などの自然災害による被害を受けて、毎年のように見直しをすすめ、消費者のみなさんに安心してご利用がいただけるように、取り組みを続けております。それでは設置方法について、いくつかご紹介をいたしましょう。

1.アウトドア/コンクリート面へのアンカーボルト設置

画像の通り、自動販売機の下地がコンクリートの場合は、直接アンカー固定をおすすいたします。4本足すべてにプレートを使い地面としっかりと固定する。このことにより、強い揺れや豪雨などによる水の流れにもしっかりと固定を維持できます。車などの直接衝突にもかなりの強度を維持できます。ただし接地面にはドリルで穴をあけ、アンカー金具を埋め込みますので、跡が残ります。撤去後にその穴をコンクリートで埋めることで多少の補修はもちろん可能です。一番強度が確保できる設置方法です。ただし下に水道管や何かしらの電気系統の配線が埋設されていないかを確認することが必要です。

2.アウトドア/アスファルトや土などへのコンクリートブロック設置

画像はアスファルト面のコインパーキングへの設置です。アスファルトは一見、地面が硬いように見えますが、アンカーボルトなどの固定は有効ではありません。気温が高くなると柔らかくなり、アンカーボルトの効果が極端に下がります。そこで他の土や砂利などと同じく、コンクリートブロック(長さ80センチ~90センチ・幅30センチ)を複数枚(2枚~)敷き、自動販売機をブロックと連結させて設置いたします。ブロック枚数は設置面や周辺状況、自動販売機の大きさにより異なります。自動販売機が転倒ないしは、動くことがないようにブロックの質量をJIS基準から算出して決めています。こちらも十分な安全基準を確保できますが、高さが10センチほど上がること。自動販売機本体スペースより広めにスペースを確保することが必要になります。

3.インドア/転倒防止板での設置

ショッピングモールなどでもよく見かける設置方法です。鉄製の板2枚で自動販売機を設置します。板の長さは80センチもしくは90センチ。建物の総階層数や設置階層により長さが決まります。板は自動販売機よりも必ず前に飛び出しており、前倒れ防止の役目を果たしております。自動販売機利用中に倒れてこないように基準が定められております。もちろん板は、面取りがされ、厚みも抑えられているため、つまづく心配はありません。以上のように自動販売機の設置環境に合わせて私たちは業界全体で厳しい基準を定めて、利用者の安全を必ず確保しておりますので、安心してご利用いただけます。

アウトドア設置に関しては、私有地であること。公道にはみ出していないことが最低の条件です。側溝などもNGですし、1センチでもはみ出していると設置ができませんので、ご注意ください。スペースに応じて自動販売機の大きさを調整しましょう。

このように自動販売機の設置は安全面と使いやすさを考えて行っております。事故が起きてからでは遅いので、安心して設置をお任せできるオペレーターを探してくださいね。それでは次回は売れるための設置のノウハウについてブログを更新する予定です。楽しみにお待ちください。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

自動販売機は立派なインフラ

 

みなさまこんにちは、株式会社近畿自動販売機サービスのブログ担当Tです。

これから自動販売機設置に役立つ情報をこちらのブログでたくさん配信してまいります。ご参考にしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。<(_ _)>

さて、ただいまコロナ禍において自動販売機の利点が見直されています。それは非接触型ビジネスである点。そして人流が変化し、新たな人流の買い場への対応が容易である点です。

24時間・365日の無人販売。そして中心部だけでなく、住宅街や郊外への設置も可能な優れもの。そうした自動販売機の当たり前が、私たちの生活を便利に明るく照らしてくれているということですね。まさしく自動販売機は私たちの生活の立派なインフラなのです。そして観光やイベント時にはオアシスになり、もちろん自然災害などの有事にも大活躍するのはもちろんです。とっても頼りになる存在です!\(^o^)/

そして空いているスペースに設置するだけで毎月安定した収入にもつながります。マンションや駐車場で夜暗くて便利の悪いところへの自動販売機設置なら問題解決と一石二鳥になります。たくさん設置事例がありますのでご安心ください。

また法人様にとっても社内に設置することで、社外への出入りをなくすこともできます。業務の効率化はもちろんですが、休憩時間の憩いの場の中心となり、さらに福利厚生のひとつとして社員のみなさまのお役に立つこと間違いなしです。(^O^)

自動販売機設置を検討されており、設置が可能か悩んでいる方、現在他社の自動販売機を設置しており、弊社自動販売機との違いを知りたい方など、話を聞くだけでもOKです。

お気軽にメールでお問い合わせ下さい。こちらから折り返しご連絡をさしあげます。さらに、ただいま新規設置キャンペーンも絶賛実施中です!